長谷川順持の建築生活

hasejun.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 21日

本物に学ぶ生き方

e0141727_1423726.jpg

大学で教鞭をとりはじめて今年で10年目にはいりました。あらためて偉人の歩んだ「道」あるいは生きる「姿勢」を読み直そうと、この本に取り組んで、、、読了しました。

この書に納められた方々は

安岡正篤/教育者
新渡戸稲造/思想家、教育家
吉田松陰/教育者
森信三/教育者
山田方谷/学者
伊庭貞剛/実業家
二宮尊徳/農政家、思想家
石田梅岩/思想家
西郷隆盛/政治家


教育的な人生を生き抜いた人物ばかりですね。

皆、実践的といいますか臨床(教育学)的といいますか、

自分で動いて、考えて、解決してそして開いて、悟達しています。

コピー&ペーストというショートカットな人生の姿はそこにはなく、

早逝な人も入ってますが、かなり時間を費やして思索し、

尋常ではない執念と集中力とコミュニケーション力で時代を生き抜いています。

あらゆるものを手段に用い、人を育み、人を結び、世界を創る。

それは、よく口にされる「教育の目的とは!」のように、教育概念をもてあそぶ姿勢ではなく、

共通して「教育」こそすべての「目的」であるといわんばかりです。

佳節10年目に良書に巡り会いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログランキングに参加しています。 左のボタンをニャンして下さい。。
e0141727_16131173.jpg
人気ブログランキングへ
e0141727_15592420.gif

ありがとうございました
[PR]

by junji_hasegawa | 2010-03-21 02:06 | 本に関するノート
2010年 03月 07日

槇文彦氏の講演会「空間に力を」

さる2/23の槇文彦氏の講演は
氏自身の設計による建築/津田ホールで行われた

そのセミナーで映し出された映像中心にポイントを記録してみたい

第一弾は初期のコンセプトワークからヒルサイドまで

グループフォーム/群造形
e0141727_18375337.jpg


形とすき間について
e0141727_183882.jpg


外部空間と内部空間がかみ合うスタディー
e0141727_18381956.jpg


ゴルジ体/内外の関係性
e0141727_18383180.jpg


City Room/という考え方/都市の部屋
e0141727_18385090.jpg


丹下健三/ピースセンターのコンテクスト/建築を布置することで都市性が生まれる
e0141727_1839143.jpg


名古屋大学/豊田記念講堂/都市軸と建築
e0141727_18391528.jpg


名古屋大学/豊田記念講堂
e0141727_18393028.jpg


チャンディガール/コルビジェ/のサイトプラン
e0141727_18394460.jpg


チャンディガールと水盤
e0141727_18395447.jpg


立正大の都市軸や建築軸のダイアグラム
e0141727_1840547.jpg


ヒルサイドの「すき間」/都市ボイド
e0141727_18402691.jpg


すき間/ボイド
e0141727_18405165.jpg


5期のサイトプラン
e0141727_1841375.jpg


層を持った構成のダイアグラム
e0141727_18411339.jpg



奥性とすき間と街路と建築
e0141727_18412617.jpg



初期のスタディから、槇文彦さんの思索は驚くべき深さ

e0141727_1965120.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どまだんシステム」と「どまだんスタイル
『わたしたちにしかできない快適環境があります』
どまだんシステムロハスな運動です

長谷川建築デザインオフィス株式会社のホームページも応援お願いします
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログランキングに参加しています。 左のボタンをニャンして下さい。。
e0141727_16131173.jpg
人気ブログランキングへ
e0141727_15592420.gif

ありがとうございました
[PR]

by junji_hasegawa | 2010-03-07 18:57 | アートとデザイン