長谷川順持の建築生活

hasejun.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:アートとデザイン( 108 )


2018年 09月 16日

横浜の三渓園

横浜の三渓園、しばらくぶりに訪問。最良質の中世建築。

e0141727_19512882.jpg
原 三渓先生が、かくも美しく、移築、それも、土地に馴染むように据え、
e0141727_19505293.jpg
ある時は材を組み換え、プランを再構築して、ランドスケープと一体化してく
e0141727_19504879.jpg
ださった。見事な作庭と数寄魂。

e0141727_19503496.jpg

e0141727_19503960.jpg

e0141727_19504277.jpg
e0141727_19505556.jpg
小田和正さんも、時折訪れているらしい。確かに詩によく現れる【風】が吹き抜けてゆきます。
e0141727_19504522.jpg
e0141727_19510755.jpg



[PR]

by junji_hasegawa | 2018-09-16 09:16 | アートとデザイン
2018年 07月 13日

ビジュアルイベント|浮世絵SHINKA

7月26日開催イベント・満員御礼!!わが設計によるSHINKA・シンカホールでの初のビジュアルイベント|浮世絵SHINKA。




おかげさまで限定50名でご案内したところ60名となってしまい、長谷川デザインの椅子を持ち出してのキャパ限界状態に達し、閉め切らせていただきました。浮世絵イベントは先々、定期開催にする予定ですので、また楽しみにしていてください。


[PR]

by junji_hasegawa | 2018-07-13 07:13 | アートとデザイン
2018年 06月 19日

岡田美術館

岡田美術館
足湯につかりながら、世界最大の風神雷神を拝む。ソラ、木々が映り込んだガラススクリーンと重なる金の壁画の妙技。鉄アレイで身体を鍛える左・雷神、アンクレットでおしゃれする(ように見える)右・風神。そんな二神を可愛く思うのは、足湯のおかげ。研修旅記録、終了。
e0141727_18043802.jpg
e0141727_18043365.jpg
e0141727_18043633.jpg
e0141727_18042456.jpg


[PR]

by junji_hasegawa | 2018-06-19 06:20 | アートとデザイン
2018年 06月 19日

箱根プリンス

学生時代は馴染めなかった村野先生の作品が、今やグイグイくる。
40年をを経て、いっそう味わいが増す建築群。

e0141727_18044134.jpg
e0141727_18040935.jpg
薄暗い低い平たい空間から、一気に縦長の空間へ。教会のような印象に一瞬たじろぐが、実はとてもフレンドリーな場所。座の低い椅子、こじんまりとしたアート作品、そしてささやかな借景。どれもが押し付けがましくない。であるが、圧倒的な印象。素材の選択も見事です。これといって用途の無い空間は、半世紀前にして、先取りなプログラム。
e0141727_18041156.jpg
e0141727_18040242.jpg
e0141727_18035953.jpg
e0141727_18041588.jpg
砂岩の割り肌はこの時期には、かなり早い選択であろう。
e0141727_18041980.jpg
e0141727_18041980.jpg
その後の国内の砂岩事例は好き古びに至れていないものが多いが、ここは見事な古美学フルビガク。ヨウヘンタイルや苔との響き合いが、年月を経ることは『価値なり!』と詩う。目指したい在りようだ。
e0141727_18042191.jpg
e0141727_18041797.jpg




[PR]

by junji_hasegawa | 2018-06-19 06:19 | アートとデザイン
2018年 06月 18日

細部に宿るもの|江之浦測候所

細部に宿るもの
研修記録フォトの最後はディーテール
e0141727_18035353.jpg

細部を見ればみるほど、この計画にかけられた膨大な思考と時間に畏敬の念が生まれます。
e0141727_18035119.jpg


e0141727_18034850.jpg
幾度も足を運びたくなる好ましい環境芸術です。

e0141727_18035602.jpg


[PR]

by junji_hasegawa | 2018-06-18 06:19 | アートとデザイン
2018年 06月 18日

杉本博司さん|江之浦測候所|研修


杉本博司さんの写真に触発され〈海景〉を撮ってみる。江之浦測候所から観た相模湾。
e0141727_18022595.jpg
ストーンサークルのパワーにしばしたじろぐ私。見つめる先に期待が高まる。
e0141727_18024916.jpg
e0141727_18022943.jpg
e0141727_18030210.jpg
e0141727_18065606.jpg
冬至の軸線に沿って歩む闇に目が慣れ五感が研ぎ澄まされる

e0141727_18025614.jpg
e0141727_18030014.jpg
緑の丘から分厚い鉄の筒が突き出す。


e0141727_18030646.jpg
浮遊感はなく安定した無重力感とでもいう感覚。委ねられる安心感。素材の力か。

e0141727_18030987.jpg
e0141727_18031227.jpg
石、巨石、割石、切石、積む、敷詰める、転がす、架け渡す、重ねる、据える。


e0141727_18031903.jpg
e0141727_18032921.jpg
ありとあらゆる所作が、豊かな石の表情を更なる次元へと昇華させる。


e0141727_18032245.jpg
見えるもの、見えなもの、存在の意味を、わたしたちに、問うかのように。

e0141727_18032624.jpg
見事な石組みの壁は100m連続している。作品数は希少だが濃密な時間がある。
e0141727_18033267.jpg
e0141727_18033748.jpg
e0141727_18033469.jpg
懸造り(かけづくり)による木架構。サンセットに体験し直したい場所。写真では捕まえられない幽玄な趣き有り。
e0141727_18034386.jpg
e0141727_18034097.jpg
e0141727_18034653.jpg





[PR]

by junji_hasegawa | 2018-06-18 06:18 | アートとデザイン
2017年 03月 20日

シュール観 考

e0141727_12054723.jpg
『シュール』ということば、、どのようなお気持ちでお使いですか?
私はどちらかいえば好印象で使っていて、出会っていたかもしれない心象風景、未だ出会えてない世界、到達したい世界です。
e0141727_12060949.jpg
掲載フォトは、休符の家|自作、サンラザール駅裏|ブレッソン、去年マリエンバードのワンシーン、街の神秘と憂鬱|キリコ。
e0141727_12063090.jpg

e0141727_12064885.jpg
私見ですが『シュール』に非日常や超現実という和訳はフィットしていないように思え、日常的、現実的な風景との関係性で浮かび上がる世界それがシュールではないのか、と。こころくすぐられる解釈が開かれた世界。

[PR]

by junji_hasegawa | 2017-03-20 03:20 | アートとデザイン
2016年 05月 21日

移動空間がワクワクすると

移動空間がワクワクすると
暮らしが旅のように豊かになる
山上都市の街路のような居場所のある家
e0141727_2151457.jpg

[PR]

by junji_hasegawa | 2016-05-21 05:21 | アートとデザイン
2016年 05月 18日

WATER GARDEN SKETCH

WATER GARDEN SKETCH
余暇の記録が続いているので、
デザイン活動の記録をしばらく続けます。
河の駅、舟の駅|コンセプトドローイング
e0141727_1240774.jpg

[PR]

by junji_hasegawa | 2016-05-18 12:38 | アートとデザイン
2016年 05月 17日

新川プロジェクト

新川プロジェクト好調に進ちょくしています!

e0141727_12423395.jpg

[PR]

by junji_hasegawa | 2016-05-17 12:43 | アートとデザイン