長谷川順持の建築生活

hasejun.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 25日

東京都市大学での授業

この春から名前が変わった大学、東京都市大学

それまでは武蔵工業大学だったわけですが

ここの建築設計の講座をここ七、八年担当しています

今日も、朝から晩まで授業の日

初等教育、すなわち一年生と二年生を受け持っているのですが

ついこの前まで高校生で、建築の設計に関わりのない生徒達が

素晴しい設計力をつけていく、その成長ぶりに、毎年驚きと喜びを感じています

建築はとかく専門領域として難しく考えられがちですが

この生徒らの成長の事実を見ると

気持ちさえあれば、誰でも建築ワールドに入れるし

創作もできるようになるのだなあと実感します

毎年数多くの、言ってみればライバルを送り出してもいるわけですが

卒業して社会で活躍する教え子から

先日うれしいことを言われました


「社会人になっても、1年生のときに長谷川先生から描いていていただいた

スケッチを、デスクに貼って、初心を忘れずにいます、、、」と


深いい話でしょう、、ググぐっときました
(テレビ番組が二つ入ったコメントですな)

e0141727_2135347.jpg

こうした作品は二年生の前期の作品です
e0141727_2163856.jpg

まだ二つ目の設計なのに驚きです
e0141727_2165397.jpg

人間のイメージ力
e0141727_217781.jpg

世界を楽しむ力

みんな頑張れ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どまだんシステムロハスな運動です
長谷川順持建築デザインオフィスのホームページも応援お願いします
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログランキングに参加しています。 左のボタンをニャンして下さい。。
e0141727_16131173.jpg
人気ブログランキングへ
e0141727_15592420.gif

ありがとうございました
[PR]

by junji_hasegawa | 2009-05-25 22:10 | アートとデザイン


<< 芸術と脳科学の対話/第三の対話      ランボルギーニの赤いチャリンコ >>