長谷川順持の建築生活

hasejun.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 19日

中央区副区長をおよびして討論会を

中央区に事務所を開いて14年
現在は住居も中央区
法人事業税も住民税も税金は全て中央区に納付(笑)
そんな深い関わりになった中央区
わたし自身はJIA/日本建築家協会の登録建築家ですがこれといった活動はJIAではしてきませんでした。ところが昨年から日本建築家協会の中央区地域会がスタートし、そこで副代表をつとめることになりましたので、いろいろと活動をすることになります。この6月のブログにもある「街歩き」もそのひとつ。

2008年7月18日
この地域会主催で吉田不曇(うずみ)副区長らに参加いただいてセミナーをしました
e0141727_1552329.jpg

まず第一部は  伊場仙社長の吉田誠男さんに講師になっていただきました
e0141727_1655777.jpg

伊場仙は浮世絵の版元として産声をあげました。吉田社長は中央区日本橋の地域活動にも御尽力なさっています。ていねいにわかりやすく江戸の歴史をお話されました。さすが元浮世絵の版元、文字どおり「カラフル」な色彩感に富んだ映像とお話に、会場は引込まれました。歴史というものは教科書の中にあるのではなく、具体的な日常生活の重なりとして、現在まで連綿と続いている様を聞けたのではないでしょうか。

第二部は
地域活動における建築家の役割 と題した座談会です。
座長 長谷川順持
討論者 吉田不曇中央副区長 吉田誠男社長 建築家杉浦英一氏 建築家石川雅英氏

討論の概要は以下の通り
まず座長である筆者が冒頭問題提起をしました
長谷川
どんな活動にも「目的」がありますが、数多く行われている「地域活動」の目的を再確認しそこから建築家の役割をあぶりだす流れです。さて「地域活動」の目的とは本来なんでしょう。
吉田副区長
区民としての一体感をたかめることではないか。また街を愛するということにも結びたいね。中央区は「平場」に住まう方とタワーマンションに住まう方々が混在して交流が行いにくい現実があるが、それでも、どなたにとっても「教育」「防災」という生活における基本を平等に享受していただきたい。そのためにも「善き住民」づくりに地域活動は欠かせないのではないかな。
長谷川
建築家はそうした地域の活動においてどのような役割が担えるでしょうか
石川
自分自身が事務所とこうしたギャラリーそしてカフェを同居させていることも、地域活動といっていいのではないか。そして「地域の力」を逆に建築家ももらう。そのためには「敷居」を低くする必要が建築家サイドにもあると思います。
杉浦
あいまいな表現になるかもしれないが建築家には「美しさ」を伝える義務があるし責任がある。空間づくりを具体的に美的にアドバイスしていくべきであろう
吉田社長
みゆき通り街づくり委員会を介しての我々の地域活動は地道です。諸外国の方々にも日本の文化を味わっていただきつつ、同時に街を盛り上げていく。スローガンだけでなく、地元の商いをしている方々も含めて町や国の文化を継承しつつイベントをつくってきた。これらの活動は長期的な展望に結ばれて行くことで大きな意味をもちます。
長谷川
中央区にも美しからぬ場所が多々あるが、「この街が安全でない、あるいは美しくないのは建築家の責任だ」と言っていただけるような立場に、私達は立ちたいと望んでいる。行政、あるいは地域とわたしたち地域の建築家とのかかわりは希薄なので、そのような批難は現実起きない(笑)。ヨーロッパなどに比べても、中央区に限らずこの建築家がかかわれない街のありようは、異常なのではないか。。
会場から/建築家/山本浩三氏
まさにそうで、RIBAではコミュニティーアーキテクトシステムがきちんと稼動していて「町医者」ならぬ「町建築家/通称まちけん」というものが、コモンスペースづくりには重要な役割をになっている
吉田副区長
自分は区にどれだけの「人を残せるか」すなわち転出率を下げて、「長く住んでもらいたい」、そういう街にしたいと望んでいる。建築家はもっともっと街に、現場に入って行くべきでしょう。確かに今のしくみでは建築家のかかわりは難しいが、考え続けいただきたいところです。
e0141727_16233949.jpg

これは会場なったギャラリーの1階のカフェ
ここで講演の後、お酒を飲みながら語らいは続きました
e0141727_12301290.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どまだんシステムロハスな運動です
長谷川順持建築デザインオフィスのホームページも応援お願いします
長谷川オフィスの生活風景ですYouTubeでどうぞ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログランキングに参加しています。 左のボタンをニャンして下さい。。
e0141727_16131173.jpg
人気ブログランキングへ
e0141727_15592420.gif

  ありがとうございました
[PR]

# by junji_hasegawa | 2008-07-19 18:00 | 地域活動
2008年 06月 30日

ギタリスト/孤高のつま弾き

昨夜、友人の中里さんが

ギターを弾くというので、拝聴しに横浜へ

多勢で競う、緊張感溢れるコンペティションである

プレイヤーを待つ間の舞台はというと

e0141727_22293495.jpg


見て下さい、このストイックな雰囲気

ここで、友人はこんな風にプレイし/F.タレガ作曲の「マリア」

e0141727_22372221.jpg


またあるときはこんな風でした/R.S.デ・ラ・マーサ作カスティーリャの歌

e0141727_22335130.jpg


画面は地味です(爆)、

絵的な変化は腕と指のスライドだけですね、、、

でも、演奏はすばらしかった、、、遠くまで行ったかいがありました

時々仕事で見せる(微妙)
中里集中力の原点を見ました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どまだんシステムロハスな運動です
長谷川順持建築デザインオフィスのホームページも応援お願いします
長谷川オフィスの生活風景ですYouTubeでどうぞ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログランキングに参加しています。 左のボタンをニャンして下さい。。
e0141727_16131173.jpg
人気ブログランキングへ
e0141727_15592420.gif

  ありがとうございました
[PR]

# by junji_hasegawa | 2008-06-30 22:56 | つれづれ
2008年 06月 21日

中央区 墨田河畔の 街歩き

わたしがコーディネーターとなって街歩きをしました

新川〜湊〜佃〜月島ウォーキング
これまで、中央区の建築家相互の交流を深め、また、あらたに地域の方々とのふれあいをはかるため、「たべるシリーズ」を行ってまいりましたが、今回は「墨田河畔/新川〜月島をたべる」をおこないました。参加者は10人少々、コースはキリンの本社ビルと南高橋が望める公園に集合。
ここから
2. 南高橋を通り抜け、、、、、
e0141727_1452951.jpg

3. 中央大橋を渡りながら「永代橋」の遠景を楽しみました
e0141727_1454287.jpg

4. 月島リバーシティーへ上陸し/ カジマデザインの設計した新建築を見ました
ここには地域新聞を1年分閲覧できる珍しいギャラリーがあります
その後リバーシティーにお住まいの参加者から少しレクチャーをいただきました
5. 墨田川にそって歩きつつ
6. 住吉神社
e0141727_14581620.jpg
  
7. 佃ビオトープを経て
e0141727_1501872.jpg

8. 終着点は「月島の路地」歩きです。
e0141727_1524725.jpg

ここで「もんじゃ焼き」を堪能しました。
バンビという店で、これもまた参加者の中に店主と知り合いが偶然居り
サービスしていただけました。
これが地域活動の小さいながらダイナミズムかもしれません。

なんとはなしに過ごしていると
見逃してしまう生活風景

これをつかまえる
かさねていく

これが街歩きの楽しみですね


このたべるイベントは建築ジャーナル08.8月号に掲載されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どまだんシステムロハスな運動です
長谷川順持建築デザインオフィスのホームページも応援お願いします
長谷川オフィスの生活風景ですYouTubeでどうぞ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログランキングに参加しています。 左のボタンをニャンして下さい。。
e0141727_16131173.jpg
人気ブログランキングへ
e0141727_15592420.gif

  ありがとうございました
[PR]

# by junji_hasegawa | 2008-06-21 18:00 | 地域活動
2008年 03月 18日

ブルーノート東京/アフリカンナイト

待望のオマールソーサのライブ
場所は青山のブルーノート東京
e0141727_17285235.jpg

アフリーカノスというアルバムがリリースされたばかりの
オマールのライブは、当然のごとく、このアルバム中心の
楽曲が演じられるのだろうと 数日アルバムを聞き続けた
リズム、テンポ、ピッチ、、、さまざまなレイヤーのアンサンブルを
注意深くディテールまで聴き込んだ
e0141727_17291058.jpg


さあ待望のライブのはじまりだ

オマールが
手には香を携え 僧のような立ち振る舞いで花道を滑るように進む
(足はあったか、、、!)

ステージに上がるや  これから時間を共にするピアノを清めた
(、、ように見えた)

最初の曲の演奏が  まことにさりげなく  はじまる
次々に  メンバーも厳かに  ステージへ
必ず、演奏か、、、お清めか、、を行いながら スルリと
いつのまにかステージにいる
そんなイメージを想像してほしい

全員の登壇までは 比較的静かな
そう、彼のソロピアノアルバムでよく聴ける
美しく 個性的なメロディーの展開

ところが、、徐々に激しさが増す  
ピアノがタイコのようになる

それは  アルバムから感じていたものを遥かに超えた「世界」

もうこれは  ライブではない!

お客とプレイヤーという関係でもない

すなわち  祈り/プレイ   なのである
ステージ全体が終止 祭事であり 
その祭事に参加するわたしたちは   
彼らの深い祈りを   呼吸する

共に唄う瞬間をオマールが誘導する
突然激しく「スタンド アップ!」
立ち上がることが求められ、、、、

しかし、、、ロックライブのそれとは全く違う  
オーディエンスの参加意識は
共に祈る心地よさ  内発性  共感の波の中にある
e0141727_17293036.jpg


これまでいくつのライブに行っただろうか
昨夜はまったく特別な世界を体験した
オマールのコンセプト  アフリーカノス

彼の自由の解釈
彼の自由への自由な音楽的表現力



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どまだんシステムロハスな運動です
長谷川順持建築デザインオフィスのホームページも応援お願いします
長谷川オフィスの生活風景ですYouTubeでどうぞ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログランキングに参加しています。 左のボタンをニャンして下さい。。
e0141727_16131173.jpg
人気ブログランキングへ
e0141727_15592420.gif

  ありがとうございました
[PR]

# by junji_hasegawa | 2008-03-18 17:34 | つれづれ
2008年 03月 17日

ブルース・ハープ

ゴーストノーツ
建築関係の諸氏と気晴らしている音楽活動の
バンドネーム  
今70、80年代のアフロなサウンドに
みなで挑戦している
e0141727_1103453.jpg


そのなかに一曲 素敵なハーモニカの音色の曲があって
それを、歌の合間にふくのがわたしの担当

テンホールズといって穴が10あいていて
曲に応じて、対応したコードのハーモニカを使います

皆、ハーモニカを吹く、、、といいますが
ほとんど吸って音を出します

今日も海の見える場所くらいまで

人家のない場所に車/ロメオ君(後日紹介します)を停めて
吸いました  相当きついです  みかけより

時々、、自転車で通り過ぎる人が
車内のわたしを、侘しげに見て行きます

(さいごに、、ヒロシです、、、と付け加えたくなるブログでしたね)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どまだんシステムロハスな運動です
長谷川順持建築デザインオフィスのホームページも応援お願いします
長谷川オフィスの生活風景ですYouTubeでどうぞ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログランキングに参加しています。 左のボタンをニャンして下さい。。
e0141727_16131173.jpg
人気ブログランキングへ
e0141727_15592420.gif

  ありがとうございました
[PR]

# by junji_hasegawa | 2008-03-17 01:21 | つれづれ
2008年 03月 15日

創作活動開始ですね

横浜の斜面に苦労して建てた住居があります
http://www.interactive-concept.co.jp/s-jirei/natura.html

e0141727_1155053.jpg



金沢文庫ハウス

そこの奥様が
創作活動再開です

http://picasaweb.google.co.jp/shihoshihoshiho

やんちゃなお二人のお子さんを育児しながらの創作は、、
少し闘いで、、、、少し気晴らし、、、ですか

でも、これらの作品は趣味の域を突き抜けている。。。

月曜日はご夫妻とブルーノート東京に
オマール・ソーサのライブに行ってきます
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どまだんシステムロハスな運動です
長谷川順持建築デザインオフィスのホームページも応援お願いします
長谷川オフィスの生活風景ですYouTubeでどうぞ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログランキングに参加しています。 左のボタンをニャンして下さい。。
e0141727_16131173.jpg
人気ブログランキングへ
e0141727_15592420.gif

  ありがとうございました
[PR]

# by junji_hasegawa | 2008-03-15 11:13 | 住まいづくり
2008年 03月 09日

シルク ド ソレイユ見参!

シルク ド ソレイユの専用劇場が
舞浜に建設されている
e0141727_20411333.jpg

今内部の工事が終盤を迎えている状態か


自宅から近いので 毎日その工事の様子を
あるときは京葉線の高架レベルから
あるときはアンバサダーホテルの駐車場から

別にわたくし設計監理者じゃあありませんが
こまめにチェックしてきましてん

これが現在の姿
e0141727_2043768.jpg

冴えた形態ですねえ

下地や構造体の鉄骨建て方は凄まじかったですよ
作る前から地震で壊れてしまったですか、、、ってな様相でしたが
服を着せたらば、、、いいですね。。(何がいいんだ、と問わないでください)

外壁材ほか素材の選択や屋根と壁、カーテンウォールの始末のつけかたも
「これだけをやりたいので、後は割愛させていただきます」という潔さが見事
e0141727_20583444.jpg

こけら落としが楽しみです

この劇場、イクスピアリの横にあるアンバサダーホテル脇に位置するんですが
駅からイクスピアリをスルーしここに到るまでの間には
なかなかすてきな水辺空間がありまして
e0141727_2113360.jpg

そこに早咲きのサクラが咲きはじめました
e0141727_214428.jpg

ときどきドナルドやミニーがウロチョロしてますよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どまだんシステムロハスな運動です
長谷川順持建築デザインオフィスのホームページも応援お願いします
長谷川オフィスの生活風景ですYouTubeでどうぞ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログランキングに参加しています。 左のボタンをニャンして下さい。。
e0141727_16131173.jpg
人気ブログランキングへ
e0141727_15592420.gif

  ありがとうございました
[PR]

# by junji_hasegawa | 2008-03-09 21:08 | アートとデザイン
2008年 03月 03日

どまにゃんセミナー開催しました

3月1日

住まいデザインセミナーを開催しました。

セミナーに先立って、最初にわたしが挨拶しました。このセミナーをやろうと持ちかけた、私の素直な気持ちをお客様にお伝えしました。

e0141727_16244279.jpg


それは大要以下の通りです。

建築家の社会的な役割が問われている今、私たちは「安心」に結ばれる、形を超えたデザインをみなさんに届けたい。
私たちは日々、設計活動をし監理をし、また設計を、、、いう日常を送っている。
もちろんデザインを深めるべく、美しい物を目や耳からも接種し、また時にはおいしい物を食べ、それを自分できちっと咀嚼して、デザインを通じて皆さんに戻す。こうしたことを繰返している。

しかし、これは私たちに限った事ではない、建築家業を張っているひとならば誰でもおこなっている「行」といえる。

わたしたちには、ある信念と自負と確信がある。
それは、日本においては、どこよりも温かく、あるいは涼しい家を創れるという自負。それも、「上質な温かさ、上質な涼しさ」。それがどのような意味で「上質」なのかは私に続くセミナーを聞いていただきたい。

23年前から断熱のことを深く考え始め、15年前に「どまだんシステム」をはじめて、2004年からは、このシステムを、このセミナーを主催する「インタラクティブコンセプト社」に全面的に委ね、飛躍的な性能に至った。
ひとつひとつのお住まいの設計監理を終え、お客様が入居され、暮らしがはじまった方々からは、空間の印象への感動の声を遥かに超える「温熱環境」に対する喜びの声が毎年毎年、年賀状を通じて寄せられる。一昨年など、おばあちゃんに「生きててよかった」と拝まれてしまった(笑)。そうした方々の「声」に後押しされて、セミナーを行い伝えていこう、という強い動機にもなった。

もうひとつは、
できあがったものを貰うよりも  つくりかたを教わったほうが嬉しい
という、あるNPOの活動への、飢餓にあえぐ地域のひとびとの声にふれ
これは「住まいづくり」にも同様にいえることではないか、と感じたことも開催の動機になっている。

セミナーを「聞いただけ」では「安心」を手にはいれられないかもしれない、しかし、お話を聞き終えて、この人たちと「建築」を考えていくことは「安心」を手にいれられる可能性がある、、、そう感じていただけるように、心を込めてお話させていただく。。。と。

プログラムは以下の通り

1.快適間取りのつくり方/講師:長谷川順持
配置計画や採光、通風。間取りの基本を学びました。
事例写真も多数お見せしてあっという間の60分でした。
明日から使える実戦的な講座としました。
2.快適工法の考え方/講師:田村貴彦
外貼断熱、外断熱///断熱のいろいろを学んだ後、 深夜電力の活用、どまだんシステムで実現した低ランニングコスト住宅の実例紹介。
家をすっかり温度差なく暖めて、一年間の暖房費が結果ゼロ円(4000円戻ってきました)というどまだんシステム/深夜電力タイプ/の一年分の料金の家の実例を公開し、これには驚嘆の声があがりました。講師の田村が「みのさん」に見えました。
3.住宅づくりは「LOHAS」から/ 講師:八渡健一郎
健康を促進し丈夫に長持ちする住まい。ロハスから住宅を問いなおしました。
ロハスの10箇条に照らして、どまだんシステムがロハスの「S」すなわちサスティナティナビリティー/持続可能性/といかに向き合っているかを検証し、住まいづくりを「ロハス」な運動としてとらえよう、、と確認し合いました。


終了後、ほぼ全員の方々から活発な質問をいただき、はじめての企画セミナーは大盛況で終わりました。

スタッフで帰りに反省会。。というか反省はおいておいて、飲み会をして和みました。。

 
e0141727_1701221.jpg


会場を提供いただいたINAXさん、天気のよい土曜日に熱心に最後まで参加いただいた皆さん、そして、外から告知に協力いただいた、創建舍の中里さんに深く感謝します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どまだんシステムロハスな運動です
長谷川順持建築デザインオフィスのホームページも応援お願いします
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログランキングに参加しています。 左のボタンをニャンして下さい。。
e0141727_16131173.jpg
人気ブログランキングへ
e0141727_15592420.gif

  ありがとうございました
[PR]

# by junji_hasegawa | 2008-03-03 17:18 | 住まいづくり
2008年 02月 15日

日本の伝統

ここ数ヶ月なんども読みなおしている本がある

日本の伝統 
著者は岡本太郎
何回かに分けて、この本から感じていることや
こころうたれる文章のフレーズを綴りたい

e0141727_23294466.jpg


しかしなんで今、岡本太郎なのか

そう、時々本屋で趣味の立読みに耽るとき
太郎さんの文章はすばらしい、、とは感じていた
でも、購入する気にはなれなかったのはなぜだろうかと
いまふりかえってみる

自分の居する街 浦安市の新浦安
この街には前市長が岡本太郎の深い理解者だったこともあり

ディズニーシーのすぐ脇にある広い広い公園のゲートは
太郎さんのオブジェでできている(ほかにも太郎作品多数)

大きなオブジェ、それは建築的スケールの大きさ

最初にこの街にきて、それの存在する総合運動公園を訪れ
そのオブジェをくぐり、、、、嫌悪感を隠せなかった

(はぁ、とため息をついたかもしれない)

おそらく造形が無邪気過ぎること、、、あるいは、不要に大きかったからか、、

太陽の塔、、、グラスの底に「顔」があってもいいじゃあないか、、芸術は爆発だ!

それ以上の理解を持たなかった当時に
みずからが住まう町に、不要な巨大なオブジェときたら、
こんなものに大金を投じるより他に
なんかすることあるでしょ、、、
形への嫌悪感は市政への不満にまでいたってしまう

ところが、、、

昨年、岡本太郎との新たな出会いとなる出来事が
またその出来事/イベントを中心になって仕掛けている人物との出会いが
「太郎」そのひとに、深く迫りたくなるきっかけになったのです

出会いは貴重です ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どまだんシステムロハスな運動です
長谷川順持建築デザインオフィスのホームページも応援お願いします
長谷川オフィスの生活風景ですYouTubeでどうぞ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログランキングに参加しています。 左のボタンをニャンして下さい。。
e0141727_16131173.jpg
人気ブログランキングへ
e0141727_15592420.gif

  ありがとうございました
[PR]

# by junji_hasegawa | 2008-02-15 10:10 | 本に関するノート
2008年 02月 07日

「建築」は「不可能」からはじめねばならない

小学生が即興で何かを生み出す

建築家としてその創作に指導を、、、と依頼され
朝から事務所の仕事をちょいと脇に置いて、八重洲の小学校へでかけた

依頼主もいない、設計図もない、どこへ向かうのかの合意も会議もなく
こどもたちはどんどん創る

e0141727_18572761.jpg


一本一本はただの棒
それを輪ゴムで止めて、立体がたちあがる
指にトゲがささる、その指をしゃぶりながら、どんどん創る

形が見え始めると、、、ん、、、すこし立ち止まる
自然発生的にリーダー格が立ち現れるおもしろさ
話し合う、、、でも見えてこない

行く先の決まってない場所への水先案内人、、という不思議な体験を
こどもたちからプレゼントされた、新鮮なできごと

e0141727_18583635.jpg


夕方からは、行く先も、目的も、問題も、いくらかクリアーな
それでいて制約の厳しい、日々の設計の仕事にもどる


「建築」は基本的に「不可能」からはじめねばならない
「可能」からはじめるのは「建設」だ

ハインツテーザー氏の、このことばの深みを
こどもたちの活動にふれ
少しだけ実感できたような気がしている
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「どまにゃんセミナー」があります・・・・・こちらからお申し込みください
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どまだんシステムロハスな運動です
長谷川順持建築デザインオフィスのホームページも応援お願いします
長谷川オフィスの生活風景ですYouTubeでどうぞ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログランキングに参加しています。 左のボタンをニャンして下さい。。
e0141727_16131173.jpg
人気ブログランキングへ
e0141727_15592420.gif

  ありがとうございました
[PR]

# by junji_hasegawa | 2008-02-07 10:10 | 地域活動