長谷川順持の建築生活

hasejun.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:本に関するノート( 15 )


2014年 12月 08日

大人気のテーマ・子どもスペースの創り方公開!

住宅金融支援機構の連載、第三弾が発刊されました
建替え計画の際、建替えのきっかけをお聞きすると、「固定的に作りすぎた子供部屋が理由のひとつにあがります。
e0141727_2255888.jpg


◎子ども室が納戸になった◎一番陽当りの良い2階が誰も使っていない状態だ、、などなど。いつまでも活き活きと使える個室計画。失敗しない子どもの部屋計画のアイデアです。
こちらから完全版がダウンロードできます。ご覧ください。
http://www.interactive-concept.co.jp/aboutus/news.html
[PR]

by junji_hasegawa | 2014-12-08 12:08 | 本に関するノート
2014年 06月 21日

最新の日経アーキテクチャ

e0141727_148149.jpg


最新の日経アーキテクチャ|6月25日号に|休符の家が特集されました。木構造の新たな展開として、木造の4号建物にコンクリートの円弧壁を挿入した『ダブルセーフティ』構造の意欲作!!!
日経アーキプレミアムからは誌面より豊富な画像をゲット可能!
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/nad/mag/20140616/666840/
[PR]

by junji_hasegawa | 2014-06-21 06:21 | 本に関するノート
2014年 04月 23日

表紙の家セレクション!!

e0141727_1411025.jpg


表紙の家セレクション!!
リクルートの本|月刊ハウジングの表紙を飾った住宅セレクションに特集されてます。出たばかりです。by  SUUMO (スーモ)
http://www.amazon.co.jp/月刊-HOUSING-ハウジング-2013年-06月号/dp/B00BTJ8LRA
[PR]

by junji_hasegawa | 2014-04-23 04:23 | 本に関するノート
2014年 04月 23日

カワイイ本が連続デビュー

e0141727_1403689.jpg


設計した住宅が掲載された、カワイイ本が連続デビュー。
心がときめく間取りアイデア図鑑
http://www.amazon.co.jp/心がときめく間取りアイデア図鑑-エクスナレッジムック/dp/4767817730/
心がときめく部屋づくりアイデア図鑑
http://www.amazon.co.jp/心がときめく部屋づくりアイデア図鑑-エクスナレッジムック/dp/4767817773/
[PR]

by junji_hasegawa | 2014-04-23 04:22 | 本に関するノート
2014年 04月 01日

とっておき住宅デザイン図鑑

とっておき住宅デザイン図鑑
http://www.interactive-concept.co.jp/aboutus/news.html
一年かけて執筆した本が、春を寿ぐ桜の季節、デビューしました!
本屋さんで見かけたら、手にとって観てください。ごひいきに!!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4767816742/

e0141727_23532228.jpg

[PR]

by junji_hasegawa | 2014-04-01 04:01 | 本に関するノート
2014年 03月 08日

今月、三月末に本が出版

e0141727_1294182.jpg


今月、三月末に本が出版されます。
250頁からなる写真と図が豊富な内容。

校正は最終段階。単独執筆ゆえ、作業は独り、長期に渡ってきましたが、本づくりは峠を越えたあたりからワクワクしますねえ!

出版社はエクスナレッジから、詳細はまた後日!
[PR]

by junji_hasegawa | 2014-03-08 03:08 | 本に関するノート
2011年 07月 01日

四ツ柳さんの起業・発想ダイアグラム

e0141727_1129859.jpg


ブログはこちらから

友人の四ツ柳さんのビジネス発想マトリックス!とても参考になります。


ご本人のフェイスブック

ちなみに私・長谷川順持のフェイスブック
[PR]

by junji_hasegawa | 2011-07-01 11:33 | 本に関するノート
2010年 03月 21日

本物に学ぶ生き方

e0141727_1423726.jpg

大学で教鞭をとりはじめて今年で10年目にはいりました。あらためて偉人の歩んだ「道」あるいは生きる「姿勢」を読み直そうと、この本に取り組んで、、、読了しました。

この書に納められた方々は

安岡正篤/教育者
新渡戸稲造/思想家、教育家
吉田松陰/教育者
森信三/教育者
山田方谷/学者
伊庭貞剛/実業家
二宮尊徳/農政家、思想家
石田梅岩/思想家
西郷隆盛/政治家


教育的な人生を生き抜いた人物ばかりですね。

皆、実践的といいますか臨床(教育学)的といいますか、

自分で動いて、考えて、解決してそして開いて、悟達しています。

コピー&ペーストというショートカットな人生の姿はそこにはなく、

早逝な人も入ってますが、かなり時間を費やして思索し、

尋常ではない執念と集中力とコミュニケーション力で時代を生き抜いています。

あらゆるものを手段に用い、人を育み、人を結び、世界を創る。

それは、よく口にされる「教育の目的とは!」のように、教育概念をもてあそぶ姿勢ではなく、

共通して「教育」こそすべての「目的」であるといわんばかりです。

佳節10年目に良書に巡り会いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログランキングに参加しています。 左のボタンをニャンして下さい。。
e0141727_16131173.jpg
人気ブログランキングへ
e0141727_15592420.gif

ありがとうございました
[PR]

by junji_hasegawa | 2010-03-21 02:06 | 本に関するノート
2009年 10月 12日

久米信行さんの出版記念パーティー

ブログ道を極める達人
e0141727_2145377.jpg

久米信行/くめのぶゆきさんのが新たな本を書きましてその出版記念の発起人として、パーティーに参加して来ました。
e0141727_15403511.jpg

当日いただいたサインです。
e0141727_1631099.jpg
久米さんです。

さまざまな職業の、いわば「のぶゆきファン」が集っていました。お話中なのは
e0141727_15265777.jpg

一樂先生」発起人であり、この出版をことほぐ会の世話人で尽力されたかたです。
学生も多数参加していました。

それは、久米さんが明治大学で学生へのブログ起業論の講義を行っているからですが、
この講義かなり実践的らしく、
その証拠に、この会で知り合った学生諸氏からは翌日にすぐにお礼メールが届き、
「すぐやる」が浸透しているところからも久米さんの講義の意義深さを感じています。


ブログやメルマなど、身近なICTを活用して「世界と交流」したいかたは
是非、久米さんの著作にふれてみることをおすすめします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
かくいう私も、その影響で
■ 「住宅デザイン・間取り・住環境価値・向上講座」 ■■
というブログも立ち上げ

「まぐまぐ」からのメルマ住宅デザイン・間取り・住環境価値・向上講座
という家づくりに即使えるメールマガジン講座や
「めろんぱん」からも住宅デザイン・間取り・住環境価値・向上講座
というメルマも仲間と発刊を継続しています。


すぐやる、、、の後には継続が大切なのですが、それがなかなか難儀。
継続する「技術」も教えて下さい、、、久米さん、、って甘え過ぎかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どまだんシステムロハスな運動です
長谷川順持建築デザインオフィスのホームページも応援お願いします
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログランキングに参加しています。 左のボタンをニャンして下さい。。
e0141727_16131173.jpg
人気ブログランキングへ
e0141727_15592420.gif

ありがとうございました
[PR]

by junji_hasegawa | 2009-10-12 16:10 | 本に関するノート
2009年 09月 14日

世界制作の方法/ネルソン・グッドマン

道ばたを歩いていると、蟻が行列を成してそそくさと何かを運んでいる

ああ、蟻には蟻の「世界」があるなあ、と感じる。


水鳥が隅田川にプカプカ浮いている
ツガイで、あたかも語り合うかのようによりそって
気持ち良さそう、、、

でもよく見るとかなりの勢いで、水面下で足をバタバタさせて泳いでる!

水鳥の世界、、、

このように、地理で使った「世界地図帳」の世界とは別に

身の回りには「世界」がいっぱい

………………………………………………………………………………

わたしたちデザイナーが設計に関わるさまざまな建築や場所

できあがってしばらくして訪れると

こどもがいっぱい遊んでる!
ご主人が庭で遊ぶ我が子みながら笑ってる

…………………………………………………………………………………

そんなふうに「世界」は立ち現れています

建築の設計は「建物」の設計ではなくて

世界づくりに関わることです

「世界」づくり  それが私たちの仕事です

e0141727_23231617.jpg


ネルソン・グッドマンが書き記した「世界制作の方法」

ずっとずっと何十年もまえから気になっていた

「世界」ということばをつかまえる、ワクワクする「旅」ができます

………………………………………………………………………………………
哲学に関する哲学と記されるこの書物

世界は「ある」のではなく、「制作」されるのだ。
芸術・科学・日常経験・知覚など、幅広い分野で
徹底した思索を行ったアメリカ哲学の重要著作。

と銘打たれています
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どまだんシステムロハスな運動です
長谷川順持建築デザインオフィスのホームページも応援お願いします
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログランキングに参加しています。 左のボタンをニャンして下さい。。
e0141727_16131173.jpg
人気ブログランキングへ
e0141727_15592420.gif

ありがとうございました
[PR]

by junji_hasegawa | 2009-09-14 10:10 | 本に関するノート