長谷川順持の建築生活

hasejun.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 10日

どまだんスタイル/夏の輻射冷房

あまり、一般の方々には知られていないことなのですが、夏にも壁の中に結露が起きています。

その理由は、外が暑くて、湿気たっぷりなのに家の中に、一室だけ極端に温度の低い冷房しすぎの場所をこしらえることが原因です。

このライフスタイルを改善するには、
・1 住宅の中を一カ所だけ、極端に冷やし過ぎずに、全体的にやや低い温度帯にする。床も壁も天井も、表面の温度を均一に、少しばかり低い温度に統一しましょう。
・2 こうした6面輻射の「涼」が作り出せれば夏の結露を誘因しない環境に近づきます。
e0141727_23135456.jpg

これが「どまだんスタイル」の「夏の冷輻射」です。
e0141727_23145152.jpg


暑がりな人は、こうした温熱状態に、エアコンを最小限に「ドライ」運転で除湿すればいいのです。

この6面の涼しさづくりには、昼間の電気を使わないことがエコ。
夜の電気代が1/5の金額の時に、たっぷりと床下に涼しさを「蓄熱」しておいて、暑い昼間に「涼」を楽しむのが「どまだんスタイル」です。おしゃれでしょう。

輻射暖房の次は、輻射冷房を、省エネルギー性を考慮して住宅で実現しましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『わたしたちにしかできない快適環境があります』
どまだんシステムロハスな運動です
長谷川順持建築デザインオフィスのホームページも応援お願いします
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログランキングに参加しています。 左のボタンをニャンして下さい。。
e0141727_16131173.jpg
人気ブログランキングへ
e0141727_15592420.gif

ありがとうございました
[PR]

by junji_hasegawa | 2010-05-10 10:10 | 住まいづくり


<< 「どまだんスタイル」が目指すもの      ブラインド、スクリーン、カーテ... >>